借金の目安とは

現在金融機関では一般的には住宅ローンなどを除いて年収の3分の1以下程度しか借りることができません。キャッシングなどでも査定で基準とされるので申し込みでカードローンが組めなかったりもします。私の場合も以前はクレジットカードにキャッシング枠の金額がそれなりについていたのですが、退職してフリーランスになってしばらく収入がなかったときにどこからかの情報で更新時にキャッシング枠がゼロになってしまいました。おそらく年収がゼロで査定されてしまったのでこのゼロにいくら3分の1を掛けてもゼロという判断だと思います。借金の目安はこういう基準でも3分の1と考えられていますが、やはりそれぐらいでないと返済がかなり難しいようです。私の場合のように以前は収入があっても無職になったことがわかると借金ができなくなっているといったこともあります。現在カードローンできていたり、クレジットのキャッシングがあるからといつでもその額が借りれるとは限らないということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です