任意整理と特定調停との違いについて

カードローンなどでお金を借りていて、どうしても返済できなくなった場合は、まず返済方法を工夫してみましょう。しかしそれでも返済できない時には、債務整理をお勧めします。債務整理というと、とかくネガティブなイメージがありますが、借金を合法的に整理できるのですから、これは大変便利なものです。その債務整理の中で、代表格といえるものが任意整理です。任意整理というのは、弁護士または司法書士に依頼して、債務額をできるだけ圧縮してもらい、残りの分を分割返済する方法です。分割返済期間は3年ほどが目安になります。ただし、この方法にはいくつかの条件があります。分割返済するわけですから、サラリーマンなど定収入がある人でないと、まず任意整理は認めてもらえません。また車などを売って返済に充てられる人の方が、認めてもらえる確率が高くなります。それから最近は、少額の借金の場合は任意整理を認めてくれない債権者もあるので、任意整理の経験が豊富な弁護士、または司法書士に頼むようにしましょう。ちなみに任意整理の場合、一般的に費用は20万円から30万円ほどかかります。この任意整理と似た方法で、特定調停という方法もあります。これは弁護士や司法書士に依頼せず、自分で裁判所に申立てをしますので、費用がその分少なくてすみます。ただし裁判所に定期的に行かなければなりませんし、調停委員会を通じて返済額を決めるので、自分の思い通りに行かないこともあります。その点に気をつけるようにしましょう。