人生で初めての借金について

私が人生の中で借金をしたのは住宅ローンという形式を除いては後にも先にも一度だけです。それは学生時代のことでした。一人暮らしをしながら、アルバイトも行い、親にも仕送りをしてもらって、体育会系の部活動に所属していました。これが非常に大変で遠征費用などもかなり掛かります。特に夏のインカレなどには10万円以上の費用がかかります。1年生から3年生までの間はアルバイトしていたのでなんとかなったわけですが、4年生になるとそうもいきません。なぜなら就職活動が重なるからです。さすがにここに至るところまで両親にお金のお願いをすることははばかられます。そこで、やむなく頼ったのが当時付き合っていた年上で働いていた彼女です。同じスポーツを大学までやっていたこともあって、事情もわかっていたので快く貸してくれました。本当にこの時のことは感謝しています。出世払いということで借りましたが、実際には就職活動、夏の遠征友の終わった後にアルバイトでかえしました。そして、あれから20年以上がたちましたがその彼女は私の伴侶となり、最高のパートナーになっています。