過払いのメリットと請求について

最近よく耳にする事が多い過払いですが、金融業者に返済し過ぎたお金の事を指します。債務整理と言うと、借り入れた人が金融業者に返済する交渉だと考えがちですが、業者から過払金の返還を受ける交渉になっています。

知らないうちに過払いが発生している事があります。過払い請求をする場合は注意があり、過払いには時効があります。過払い返還を請求できるのは、原則として完済した翌日から10年となります。

取引がある場合や10年以内に完済された方で、それ以前の取引が10年を経過している場合、金融業者は従前の取引は無効と主張してきますが、基本契約を解約していないどの事由がある場合、全ての取引を通算して請求することができ、発生する過払い金が大きくなります。

過払い請求をする上では、不安な点や疑問をプロである法律事務所に相談していくら過払い金があるのかなどを確認してもらう事が大事です。

もしくは、借金減額シュミレーター口コミサイトなどで自分でどのぐらい減額できるか?チェックしてみることが重要です。

費用を考えながら、初期費用が必要のない法律事務所もあるので、確認する事が肝要です。

自己破産すると仕事ができなくなる?

自己破産を選択するときに心配なのが職業の制限がかかることです。

いま就いている仕事を続けられなくなるのではないか、仕事を辞めなくてはいけないのか、など不安を感じる方もおられるでしょう。しかし、大丈夫です。自己破産をしても仕事を辞める必要はありません。

自己破産をすると職業制限がかかるのは事実です。

しかし、それはごく一部の限られた職業のみ、しかも破産から免責が下りるまでのごく短い期間のみです。免責が下りれば職業制限は解除されます。また元の仕事に戻ることも可能なのです。

自己破産で制限のかかる職業は、主に他人のお金に関わる仕事が中心です。保険の外交員や警備員、弁護士などの士業がポピュラーなところでしょうか。

そのほか旅行業者や会社の取締役も務められなくなります。

自己破産の教科書である「自己破産24時」に詳しく書いてあります。

もし、これらの仕事に就いていた場合、免責が下りるまではその業務を行うことは禁じられます。

したがって、配置換えなど別の業務に携わりながら免責を待つ、というパターンが多いようです。少なくとも自己破産を理由に解雇されるようなことはないので安心してください。

個人再生の体験

10年ほど前に、個人再生を経験しました。

当時は今のような法律もなかったため、借金を借金で返すことが出来ましたので、11社より借り入れをして約800万円ほどだったと思います。

子供が小さくて妻が働けなく、家も購入してしまったため、軽い気持ちで借り入れを始めましたが、やはり簡単に借りられてしまうことが、金銭感覚を麻痺させてしまい、最後は取り立ての電話が毎日のようにかかってくる状態でした。

当時の役所が発行している広報に「債務整理の相談窓口」が載っていたので思い切って連絡してみると、意外とあっさり弁護士事務所を紹介してくれました。
そこは、債務整理大阪と検索すると1位にでてくる優良弁護士事務所でした。
弁護士に言われるがまま、手続きを行い、裁判所からの許可が下り、3年間で180万円ほどの返済で勘弁していただけることになりました。

当時はこの状況を変えたいと思う一心で、弁護士費用等は言われるがままお支払いした記憶がありますが、当時の資料を今、読み返してみると75万円ほど弁護士事務所に払っておりました。

官報にも載るとのことでしたので、図書館に行って探してみましたが、あまりの多さに個人的にはびっくりしました。何冊かひっくり返してみてやっと自分の名前を探し当てたといった印象でした。

その後、3年で完済し、今ではカードも普通に持てるようになりました。
収入と支出のバランスはしっかり考えて使わないと、めんどくさいことになりますよ。

また、今、めんどくさいことになっている人は、早く弁護士事務所に相談することをお勧め致します。自分でなんとか出来るなら努力することも大いに結構だと思いますが、現在法律が厳しくなっていますので、収入に対して何%までしか借りられません。それ以上になると、闇金等になってしまいます。闇金を使ってしまうともっと大変なことになりますので、早めに相談に行くことをお勧め致します。

個人再生で助かりました

過去に債務整理のすすめをみて個人再生をしたことがあります。18年くらいまえの話ですが、風俗にはまってしまい、遊ぶためのお金が欲しいがため、まずはクレジットカードのキャッシングから始めました。

その後、返済がをする為に他のクレジットカードのキャッシングを行い、それでも足りなくなってきたので、消費者金融に借金をしてしまいまいた。

結果的に10年で7社500万くらいまで借金が膨らんでしまいました。しかし、8年前に彼女が出来、結婚することなったことがきっかけで、借金の整理をすることを決意しました。

もちろん彼女には借金のことは秘密にしています。債務整理が得意な弁護士さんのところに行き相談した結果、自己破産を進められました。しかし、借りたものは少しでも返そうとおもい、僕は個人再生のほうを選択しました。

月々30000円弱を3年間くらい払って個人再生が完了しました。弁護士さんからの書類などは局留めにしてもらったりと手間はかかりましたが、嫁にもバレることなく整理することが出来ました。

ブラックリストに載ってしまうのでクレジットカードが何年かは作れなくなりますが、借金もするつもりないしクレジットカードも作る気もないので問題ありません。

あのとき個人再生を行っていなければ、結婚も出来てなかったし、今どうなっていたかわかりません。勇気を出して弁護士さんのところに行ってよかったと思います。今は嫁と幸せに生活が出来ています。個人再生のおかげで本当に助かりました。

ギャンブルは自己破産への近道です

自分の好きな遊興に多くの費用を投じていきたいとは多くの方が考えています。

好きな仕事をして得た収入で自分を磨いて行くことは実は大変重要な事となるのです。自分らしく稼いで、自分の趣味に再投資等を行っていく事でより素敵な自分の人生をもっと素敵なものとする事ができるのです。

ギャンブルは日頃のストレス発散方法として男女、年齢問わず多くの方が楽しんで行っています。やはり一瞬にして多くの金額が動くので自分で行っていても大変楽しいと感じられる事が大変多いのです。

しかし、最近ではギャンブル性の高い機種やマシンが大変多いので、負けるとあっという間に多くの資金を失っていく事となるのです。

私の会社でも休みの度にパチンコやスロット等に興じる方が大変多いのです。きちんと自分でルールを決めて臨んでいく事は大変重要な事です。勝ったら次も負けたら次こそはと思ってしまうのがギャンブルの大きな特徴です。

やはり金銭的な面で多くの精神的な安定を得る為には多くの資金をギャンブルには投下していかない事が重要な事です。

最悪の場合は自分の資金を使い果たして自己破産となる場合も往々にしてありえるので、その点を考えると健全な金銭感覚で臨んでいく事が重要な事となるのです。

個人再生で自分の家を守る

自分の家や大切な資産を大切に守っていく事で得られる多くの幸福を考える事は人生においても大変重要な事となります。

結婚して大切な家庭を守っていく事で守っていける人生は多くの方にとっても重要な幸福となるのです。しかし、長い人生の中で自分にとってベストな人生を楽しんでいく事は大変難しい事となるのです。

リストラや自分自身の人生における病気等から自分自身を守っていく事は実は大変重要ですが難しい事となるのです。住宅ローンを組んで自分の大切なマイホームを守っていく事は大変重要な人生となるのです。

子供を持って多くの幸福を育んでいくのはやはり温かい家が重要な事となるのです。万が一自分自身の身に大変な事が訪れた場合でも個人再生を使っていけば、大切な資産を守っていく事もできるのです。

私の上司も普段の激務から体調を崩していく事となったのですが、このような個人再生で一時的ではありますが、財産を失いましたが、大切な家族をやマンションを守っていく事ができたのです。

このような努力を普段から行っていく事でより健全で安心した素敵な生活を再度行っていく事が可能となるのです。

母の死によって知ることになった借金の存在

もう15年近くなりますが母が突然の病気で亡くなりました。

家の財産を整理するために通帳を探していたわたしは財産と言ってもほとんど残っていないことが想像できていながらも、葬儀費用の足しくらいにはなるかもしれない思っていました。両親は離婚しており、母は生活保護で暮らしていたのです。普段から通帳を隠していた母でしたがどこにあるかだいたい検討はついていました。

案の定あっさり見つかり通張を覗いてみるたのですが、そこには思っていたくらいの残高しかありませんでした。しかしそれよりも気になったのは、一緒に保管してあった消費者金融のカードです。借金がなければそんなものがあるはずもなく、電話で問い合わせてみることにしました。

聞くところによると50万円ほどの借金を抱えていたようで、何年も前から毎月こつこつ返済し続けていたとのことです。そこで感じたことが、大人になったわたしになぜ少しも相談してくれないのかということでした。子供に頼りたくない親の気持ちは理解できます。返済を手伝ってくれとは言いにくいでしょう。ただ、金額もそれほどでもないのですし、借金を返済している事実くらい話せる親子関係でも良かったはずなのです。

すでに亡くなってしまった母に対してもやもやとした思いを感じました。わたしって何なんだろう。親子関係ってこんなに気薄なものなのかと。
母が死ぬまで借金に気づかなかったわたしは、母の死がさらに悲しくて悔いの残る事実となりました。

借金の目安とは

現在金融機関では一般的には住宅ローンなどを除いて年収の3分の1以下程度しか借りることができません。キャッシングなどでも査定で基準とされるので申し込みでカードローンが組めなかったりもします。私の場合も以前はクレジットカードにキャッシング枠の金額がそれなりについていたのですが、退職してフリーランスになってしばらく収入がなかったときにどこからかの情報で更新時にキャッシング枠がゼロになってしまいました。おそらく年収がゼロで査定されてしまったのでこのゼロにいくら3分の1を掛けてもゼロという判断だと思います。借金の目安はこういう基準でも3分の1と考えられていますが、やはりそれぐらいでないと返済がかなり難しいようです。私の場合のように以前は収入があっても無職になったことがわかると借金ができなくなっているといったこともあります。現在カードローンできていたり、クレジットのキャッシングがあるからといつでもその額が借りれるとは限らないということです。

魔のクレジットカード

現在、約100万円の借金を負っている、30代も最後となっている男性会社員です。
どうして借金を背負うことになったのかと言うと、クレジットカードの使いすぎです。
お金がなくても支払ができるので、便利で使っていたのですが、この便利さが自分にとっては良くなかったのです。
お金にルーズだというだけの話ですが、クレジットカードで支払えば、物やサービスが手元に来るため、実際にお金が引き落とされていなくても、払った気になってしまったからです。
そして気がつくと、最大で150万円を超える借金を背負っていたのです。
家具・家電に始まり、ブランド品などもカードで購入していたので、膨らみ続けていたのです。
しかも、そのような状態でもまだ大丈夫だと思ってしまっていた自分が居た為、借金が減ることはありませんでした。
しかし、実家住まいであったため、カード請求の明細が親に見つかり、借金の額を見た親が大激怒し、勘当寸前まで怒られました。
そこで、ようやく自分がしてきたことに気がついたのです。
そこからは、クレジットカードを解約し、手元にあるお金でどのように過ごせばよいのか、借金を返していくにはいくらで生活をしていかなければいけないのか、と言うことを考えなおし、生活を一変させました。
もともと収入は少なく、年収で400万円を下回る額なので、月々の返済額はなかなか増やせない為、返済に時間が掛かることを覚悟してとにかく、我慢しながら、たまに安いものを買いながらストレスが溜まらない様にガス抜きをして返済を続けています。
これから先、まだしばらく返済には時間が掛かりそうですが、自己破産をしないで何とか最後まで返し続けたいと思っています。
今後は親に迷惑を掛けないように借金返済してお金を貯めることができたら、部屋を借りて生活していきます。
そして二度とクレジットカードを持たないようにします。